NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものはそのままでは使えません。

そんな時は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、または、下駄を使うことになります。

スマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

データ通信が安くできる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称の小型のICカード「SIMカード」のことです。

スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。

通常、帯域がしっかりしていれば利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなく基盤がしっかりとしたサービスを選定する必要があることが分かります。

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

一例を挙げると昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。

「データ回線帯域の太さ」と「通信の設備」は各社によって違ってくるものです。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。

大手キャリアだと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと1000円未満なんていう費用に。

いったん、確認してみてもいいかもしれませんね。

おすすめ⇒おすすめの格安SIMで通話をした結果